技術力強化への仕組み作り

ご要望に応じて、技術課題についてCAE解析を行い、技術力強化をサポートいたします。

  • 個人の経験を組織で共有し、応用可能とする(個人レベルから組織レベルへ)。
  • 経験にKnow-Whyを付加する。そのツールとしてCAEを活用する。

know-whyを得る為のプロセス

  1. CAE解析
  2. 実現象の観察・考察
  3. CAE解析
  4. 対策

射出成形工程における成形品の状態変化をCAEで解析

CAE解析事例:箱型モデル

金沢工業大学 山部昌・瀬戸雅宏研究室解析

充填・保圧解析

充填工程でのメルトフロント、圧力分布の解析

  • ウエルド、エアートラップ位置の予測、対策
  • 金型内圧による必要型締力の予測

繊維配向解析

繊維の配向状態の解析

  • そりメカニズムの解析
  • 強度分布の解析

そり解析

充填保圧解析、繊維配向解析結果をもとにそりの解析

  • そり発生状態の予測
  • そり発生のメカニズムの解明、対策

CAE解析イメージ

 
 

 
 

 
 

 

対策提案例

  • ゲート位置の最適化(繊維配向制御によるそり抑制)
  • ゲート位置,板厚変更によるウェルド,エアトラップ制御
  • 変形を見込んだ金型設計
  • 成形サイクル短縮のための冷却管配置設計 etc…