株式会社プラリンク 代表取締役社長

横浜国立大学機械工学科卒業
(株)精工舎 外装設計課配属
河淳(株) 商品企画部設計課長
三井化学(株)総合研究所機能材プロセスGL
大塚テクノ(株)スーパーエンプラ製品開発部長
大塚テクノ(株)取締役営業部長
大塚テクノ(株)取締役資材部長兼金型部長
大塚テクノ(株)取締役生産部長
(株)プラリンク設立 代表取締役社長就任

長年のプラスチックに関わる仕事の経験を活かし
活力の有る社会の実現に貢献してまいります。

多くの仲間に支えられ40年あまり一貫してプラスチックにかかわる仕事を続ける事が出来ました。
多くの失敗や成功の中から学んだ事は事業開発の為には各分野における経験豊富な企業、研究機関、技術者の連携による
シナジーと時間軸を意識した取組みが重要である事です。
企業間のマッチング、経験豊富な中高年技術者によるサポートにより競争力のある仕組み作りを行ってまいります。

株式会社プラリンク 代表取締役 社長
山喜政彦

取締役

山部昌

プラスチック製品のさらなる品質向上や、CAE技術導入による社内モノづくりの改革へ。

株式会社プラリンク取締役 山部 昌(金沢工業大学教授)

平成30年10月1日より、株式会社プラリンクの社外取締役に就任いたしました山部昌です。
私は日産自動車(株)にて20年(1979年~1996年および2016年~2018年)、金沢工業大学にて22年(1996年~現在)、プラスチック製品の成形加工やCAE解析等の業務に携わってまいりました。
成形加工では、材料特性の計測や成形過程中の金型内挙動観察を通じて製品不良が発生する要因を明らかにしてまいりました。
またCAE解析では、解析技術の開発や適用により、実現象を正確に予測し業務改善へと繋げてまいりました。
プラリンクでは、これまでの経験を活かし、プラスチック製品のさらなる品質向上や、CAE技術導入による社内モノづくりの改革へお手伝いをさせていただく所存です。
どうぞよろしくお願いいたします。

特別顧問

于強

電子機器や車載用電子部品のイノベーションを支えるCAE技術・信頼性解析技術の活用と技術者育成を支援します。

株式会社プラリンク特別顧問 于 強(横浜国立大学教授)

平成31年3月1日より、株式会社プラリンクの特別顧問に就任いたしました于強です。
私は1992年からCAEによる設計支援と信頼性評価に関する研究に携わってまいりました。
これまでに経験した200以上の企業の共同研究等から得られた知見に基づいて、技術開発におけるイノベーションを支援するための考え方とCAE技術の活用方法を提案してきました。
最近では電子機器や車載用電子部品、パワーモジュールなどの開発、設計、材料評価と信頼性解析に関わっております。
これまでの経験を活かし、これらの技術分野における技術支援に尽力させて頂く所存です。
どうぞよろしくお願いいたします。

長谷川理

1946年神戸生まれ
東京大学工学部機械工学科卒業
三菱重工業(株)入社長崎造船所配属
自動車用タイヤ製造設備を中心とした各種
産業機械設計・開発・市場戦略担当
産業機械設計部長、本社一般機械設計部長
広島製作所機械部門所掌副所長歴任後退社
バイオマスエナジー(株)代表取締役
産業機械事業関連中小企業技術顧問

ニーズと市場の深堀りで、迅速・的確な事業展開に、ムダをさせない助言をさせて頂きます。

株式会社プラリンクシニアアドバイザー 長谷川 理

令和2年8月1日に株式会社プラリンクシニアアドバイザーに就任いたしました長谷川理です。
40年以上にわたる、自動車用タイヤ製造設備の開発・設計・事業展開を通じて、常に念頭に置いていたのは、真のニーズと市場の在り場所です。
直接の顧客であるタイヤ会社では、潜在ニーズを、タイヤへのニーズを持つ自動車会社、ドライバー、そしてタイヤ原材料の開発動向です。
市場は均一でなく、それぞれの地域、顧客が固有の事情を抱えており、個々の市場に飛び込める“尖った” 提案が出来る市場の発掘が市場調査です。
そして、足らざるを知り、充足する手段をどん欲に求める強い意志が勝負です。
ニーズと市場を深堀りし、先行“待ち受け” 開発と強固な知財戦略により、Niche but Richを目指した事業展開のお手伝いが出来れば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

西澤誠夫

群馬大学工学部合成化学科卒業
アピックヤマダ(株)研究開発長
アピックヤマダ(株)技術開発部長
アピックヤマダ(株)品質保証部長
アピックヤマダ(株)中国子会社総経理
アピックヤマダ(株)取締役精密部品部長
アピックヤマダ(株)退職(2017年)

企業様の様々な問題に対し、より現場に近いところで解決策をご提案できると考えております。

株式会社プラリンクシニアコンサルタント 西澤 誠夫

平成30年10月1日よりシニアコンサルタントに就任いたしました西澤誠夫です。
約40年に渡り半導体部品及び装置を開発に携わってまいりました。
新規事業、新製品開発、製造ライン自動化、海外子会社運営、品質保証、
アフターサービス等、様々な実務経験をしております。
この経験から、より現場に近いところで企業様の問題解決のサポートができればと考えております。
どうぞよろしくお願い致します。

業務実績

  • 順送プレス部品の品質管理、生産管理システムの構築
  • プレスによる半導体用超多ピンリードフレームの開発
  • 光切断方式による非接触自動高さ測定機の開発
  • プレスリードフレームの傷、打痕インライン検査機開発
  • 装置事業、部品事業のISO9001認証主導
  • 中国子会社の立て直し
  • 熱硬化樹脂使用のLEDパッケージ部品の組立工程開発
  • LEDパッケージ表面検査装置開発
  • リユース型RFID電子タグ組立ラインの開発
  • RFID電子タグ通信性能検査装置開発
吉村正司

九州大学分子工学科修士卒業
三井化学(株)マテリアルサイエンス研究所材料設計GL
群栄化学工業(株)開発本部執行役員
群栄化学工業(株)常務取締役開発・製造管掌
群栄化学工業(株)退職(2018年)

あるべき姿を目指してクライアントと一緒に知恵を出し合って取り組んでまいりたいと思います。

株式会社プラリンクシニアコンサルタント 吉村 正司

平成30年10月1日よりシニアコンサルタントに就任いたしました吉村正司です。
熱可塑性樹脂においては、汎用樹脂に始まりスーパーエンジニアリング樹脂までの銘柄及び加工技術開発、さらに新規熱硬化性樹脂の開発まで樹脂全般に渡り、ニーズありきのシーズ指向で開発して参りました。
最近は技術の面ではAI、自動運転等に必要なビックデーター情報処理技術が脚光を浴びるとともに、経営管理面においては、業務目標やコンプライアンスの見える化管理手法が重点化されているような感がします。
一方現場では、教科書通りには行かないことがむしろ多いような感がします。多大な情報処理および見える化手法に対して数少ない労力を割かざるを得ず、現場目線による具体的な方策提案ができづらい状況になっているようです。
このような環境変化に対応して、あるべき姿を目指してクライアントと一緒に知恵を出し合って取り組んでまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

業務実績

  • 汎用樹脂(PP,PS等のコンパウンド銘柄開発および加工技術開発)
  • エンジニアリング樹脂(PPE,PES,PEEK、PI等のコンパウンド銘柄開発)
  • ポリマーアロイ基盤技術および応用研究
  • 熱硬化性樹脂(新規熱硬化性樹脂材料開発等)
  • 特許出願等多数
和田光夫

神奈川県立神奈川工業高等学校デザイン科卒業
(株)精工舎入社デザイン課配属
セイコーインスツル(株)入社
セイコーウオッチ(株)
セイコーホールディングス(株)
SHDグループ内デザイン統括部課長・副参事・デザインディレクターとして現在に至る

常に挑戦しなければ新たな素敵な世界を創造する事はできません。
皆様と共に、自信を持って発信力を高め進んで行きたい。

株式会社プラリンクシニアコンサルタント 和田 光夫

令和元年10月1日よりシニアコンサルタントに就任いたしました和田光夫です。
デザインとは、生活者の願う素敵な時間を実現するために、様々な発信を行う送り手側の思いを具現化して繋げる行為だと思います。
デザインには、送り手側に勇敢なブレイクスルーを誘発して、魅力溢れる発信を創り出すパワーがあると信じています。
昨今、マーケット・メディア情報が優先され、送り手側が生み出す思いが伝えきれずにいると感じています。
常に挑戦しなければ新たな素敵な世界を創造する事はできません。
皆様と共に、自信を持って発信力を高め進んで行きたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

業務実績

  • 【インダストリアルデザイン分野】
    GOOD DESIGN AWARD 部門賞・発明協会関東地方特許庁官賞・大阪デザインセンター最高デザイン賞等
  • 【グラフィックデザイン分野】
    全国カタログ・ポスター展・国立印刷局理事長賞・日本印刷産業連合会会長賞等
  • 【映像分野】
    映像文化製作者連盟優秀技術賞
  • 【空間デザイン分野】
    スイスバーゼルフェアセイコーブース日本の空間ディスプレイデザイン奨励賞
水野 祐啓

中央大学法学部卒
2004年弁理士登録
2005年に米国特許法律事務所Lahive&Cockfield,LLP(ボストン)にて研修ののち、コーテック国際特許事務所所長
2016年より公益財団法人名古屋産業振興公社 名古屋市新事業支援センターマネージャー(知財担当)
2020年より独立行政法人中小企業基盤整備機構販路支援部中小企業アドバイザー。
所属:日本弁理士会、日本商標協会、アジア弁理士協会、国際商標協会

技術開発において避けられない知的財産戦略を、より適切に、よりわかりやすく、情熱をもってサポートいたします。

株式会社プラリンクシニアコンサルタント弁理士 水野 祐啓

令和3年7月1日よりシニアコンサルタントに就任いたしました水野祐啓です。
新規事業を始めたり新製品開発をするにあたり、避けては通れないのが知的財産への対応です。
周辺技術も含めたその分野における知的財産の状況を把握し、有効な知的所有権の獲得と活用を図ることは企業戦略の柱の一つとなります。
新規な開発事案の本質を理解し、守るべきものは守り攻めるべきところを攻める知財戦略を一緒に考えて参りたいと思います。

阿多 誠介

2010年 東京工業大学理工学研究科博士後期課程終了/博士(工学)
2010年 産業技術総合研究所入所
2020年 材料・化学領域研究戦略部研究企画室
2021年 化学プロセス研究部門 スマートフロープロセスG
2010年〜2017年(兼務)技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構
2018年〜2020年 (兼務)立教大学理学部客員教授
2019年〜2020年 Fraunhofer IPA, Embed Researcher

専門領域 高分子複合材料、成形プロセス、ナノフィラー等

次の10年へ、製造業のパラダイムシフトにどう対応するか、皆様と一緒に考えていきます。

株式会社プラリンクシニアコンサルタント 阿多 誠介(産業技術総合研究所)

2011年に提唱されたIndustry4.0を端緒として、欧州のHorizon Europe、中国の中国製造2025など製造技術への大規模な開発投資により、製造技術のパラダイムシフトが起こりつつあります。このような状況の中で、日本の優れたプラスチックの製造技術を10年、20年先にどう繋げていくのか。匠の伝承はどうすすめるべきか。その課題に対して皆様と一緒に考え、最適な解を見つけていきたいと思います。