価値のある情報

定期的に価値のある情報を提供していただいている方々がいるが、その中の一人に私の三井化学株式会社時代の上司であったHさんがいる。Hさんは現役をリタイアした後、毎日、情報発信を継続されている。3千回までは続けるそうである。先日、お送りいただいた内容をご紹介する。「2018年1月6日に韓国へ向かっていたイラン国籍のタンカーが中国の貨物船と衝突、大炎上し沈没し、以降も石油が流れている。積んでいた石油は11万トン、過去数十年で最悪レベルの海洋被害になりそう。なぜ、このような重大なニュースをマスコミは大々的に報じないのか。この1月に何を報じていたのか?大相撲問題、誰かの不倫、などなど。日本のマスコミは日本国民の知る権利を奪い、自分達の都合で事実を報じることを怠っているとしか思えません!」と怒りのコメントであった。マスコミの報道に辟易しているのは、Mさんに限らず少なからずいるはずである。にもかかわらず、マスコミ関係者の収入は高く、若者の就職先として人気が高いのが現実である。私が尊敬する職業の一つが金型技術者、技能者である。もう20年程前の話であるが、金型メーカーのIさんが「金型業界には自分の息子を就職させたくない」と言っていた事を覚えている。いつも逃げ場のない環境で真剣勝負をしている金型屋さんは誇り高い職業の一つである事は間違いないのだが仕事の中身に見合った収入が得られない為、不公平という事だろう。このような風潮は日本の製造業が競争力を失ってきた原因の一つかもしれない。プラリンクは活力のある社会の実現に貢献して行きたい。話は変わるが、昨年、9月末に親友のKさんの告別式があり、昔の仲間と再会した。告別式の後、Kさんを偲んで、昔話で盛り上がった。皆、若い頃はヤンチャだった。今は皆しっかりと家庭を築いている。その仲間達との話の中でTED(Technology Entertainment Design)が話題となった。TEDとは「価値のあるアイデアを世の中に広める」事をスローガンとして、様々な分野で先生がディスカッション形式で行うプレゼンテーションを無料でインターネット上に動画配信している。TVでも時々放映されている。私がTEDのファンだという事を言うと「山喜がTEDか!」という言葉が返ってきた。私もすかさず「TがTEDかよ!」と笑って返した。お互いに成長したものと感心した。今年、還暦を迎えるのだから変わっていないはずがないのである。先日、大手の役員のMさんと久しぶりにお会いし、食事をした。その際にTEDが話題となり、MさんがTEDのファンだという事を知った。Mさんとは7,8前に始めてお会いしたが、私より8歳程年下であるが、当時から役員をされていた。明朗闊達で親しみが持てる人柄でその当時からお付き合いいただき、価値のある情報をいただいている。まだTEDを知らない人には是非、TEDにアクセスしてほしい。また、お互いに価値のある情報を与え合う仲間を多く持って頂きたい。プラリンクはそのような方々と仕事を通じてお互いに成長して行きたい。

関連記事